10万キロ以上は走り過ぎ?じゃない!

10万キロ以上は走り過ぎ?じゃない!

実際の中古車市場、トラック査定の裏話ですが、日本の消費者は、中古車に対してとても目が肥えています。だから見かけもこだわるし、走行距離や車自体の癖や傷みについてもとても敏感です。中古車市場で売れるのは、国際基準で見れば、とても良いものだけです。

 

日本では中古車市場において、10万キロ以上走っているものは商品として、買取査定の対象にならないといいますが、海外ではそんなことはありません。まさに走る限り、動く限り使い続けられます。また発展途上国では人口が多い国が多く、業務用でさまざまな用途に使えるトラックや、多くの人が乗ることができるバスは、とても用途が広い車両となります。日本では車検に通らないような車でもなんのその。まったく問題ありません。

 

だからこそ、なんの検討もしないまま、解体屋に直行させるのは待った方がいいですね。まずはトラック査定などの無料査定をしてみて、価値があるかどうかをしっかり確かめましょう。実際にモッタイナイお化けがでそうな車も沢山あるのではないでしょうか。

 

自分だけの判断で価格査定をしないで、もっとグローバルな目で評価しましょう。思わぬお宝車になるかもしれず、それは査定を受けることによって分かります。